曇りガラスの向こう側へ

正統派のフリーランス心理カウンセラーです

認知が歪む過程を色んな角度から考察してみる③

🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴


認知が歪む。

そうなると思考がマイナス化し、非合理的でものの見方が誇張的になりやすく、結論づけの選択肢も少なくて、1か0かの極論を選択しがちです。


そうならないためには、大人である冷静で客観的なAの自我を優位に使う事が必要になってきます。Aは知識の経験を蓄えていますから、冷静な判断ができます。Aというのはある意味常識の宝庫、知識の宝庫でもあります。

ですがもしその人が幼児からこれまでに成長する過程で、このAの自我に親の自我からの過度な情報(誇張性や過剰な批判意見)が加えられていたとすると、子どもの自我は、親の偏見をそのまま受け入れやすくなります。

親の認知の歪みが、子の認知へ影響するのです。

親は知らず識(し)らずのうちに子へ影響を与え、子もまた知らず識らずのうちに親の影響を受けているのです。


この、知らずを→知る(識る)に書き換えるのが交流分析というツールです。精神分析の口語版といわれる交流分析は、会話のやり取りや態度の様子で、その時の自我状態を理解するので、無用なエネルギーを使うことなく、自然なやりとりで人間関係をスムースにします。どこに自分の認知の歪みがあるのかAの自我を使って分かるようになってくるのです。


認知の歪みを持つときの多くは、このAの自我が機能していないのです。Aの自我がなぜ機能しないのかは、その人の生育時の環境によるところが多いといわれていますが、交流分析ではそれを環境のせいにしません。というか、誰のせいにもしません。

そうであったという事実があるだけです。過去は変えられないから、今ここにその感情を置く。そしてその今ここに何があるのかを観ていく。それが交流分析です。


今ここで自分の認知が歪んでいることに気づく。

そして今ここでその感情の元を知る。

知る = 気づき

気づきが起きると癒しが始まりますから、人生に変化が起きます。


とはいえ、自分ではなかなか気づかない認知の歪み。対人関係の中で傷ついていく人は、客観的な自分を捉え直すことで、認知の歪みに気づくことができるかもしれません。客観的な自分とは、感情に左右されないで事実は何かを検索する力のことです。

不安や思い込みに左右されないAの自我をふんだんに使えるようになる。Aの自我が上がると、他の自我とのバランスも取れてくるようになるのは、とても自然なことなんですよ。


自分の認知の歪みに今気づくことができたら、本来の自分(誰からも侵されなかった素の自分)に戻ることも容易にできるのです。



それではまた

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。