曇りガラスの向こう側へ

正統派のフリーランス心理カウンセラーです

メールなどのお問い合わせについてお答えできること

🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈


お問い合わせのメールをいただきます。

ご返事は全てをお返しすることはできかねますが、ブログ上でご返答に近いことを載せることはできます。その場合は、「メールお問い合わせへの返答」として掲載させていただきます。

なぜかといいますと、いただいたメールに個別にご返事を差し上げると、カウンセリング形式になってしまいますので料金が発生してしまいます。カウンセリングとしてのご返信を希望されるときは必ず「メールカウンセリング希望」と明記してください。それ以外は、「ブログ掲載でご返事希望」と理解し、匿名での掲載とさせていただきます。

ですので、全てのメールにご返事しないことをご容赦ください。

また、メールカウンセリングになった場合は、その内容についてブログ上での掲載はいたしませんのでご安心ください。


さらに、メールを読ませていただくだけの傾聴メールをしている方も、メール内容を掲載することもありませんので、どうぞご安心ください。

カウンセリングを決心なされたら、件名で明らかにしていただければ、ご事情をお汲みいたします。



私のカウンセラーのポリシーとして、クライエントさんの個人が特定されるような相談解決内容は、決してブログへは掲載しませんのでご安心ください。

当然、こちらから掲載をお願いすることもありません。例題としてかなりデフォルメした内容にすることはあっても、近々のご相談のものは取り扱いませんのでこちらもご安心ください。


自分のことかもしれないことを取り扱われると不快に思うのは、誰よりも一番私が体験したことなのでわかります。

そういうことをしないカウンセラーを意識しています。


カウンセリングメニューについて、以前お知らせしたものをこちらにリブログしましたのでご覧ください。https://kokoronokaihuku.muragon.com/entry/11.html





それではまた





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。