曇りガラスの向こう側へ

正統派のフリーランス心理カウンセラーです

何故触れてしまうのか

💥💥💥💥💥💥💥💥💥💥💥💥💥💥💥💥💥💥💥💥


こういった特殊なパーソナリティを持ってる人にその人の失言を指摘して抗議してみても、強固な「認知の歪み」がある相手だったら、どんな方法を持ってしても、まずは良い解決に向かうことは難しいです。どうなってしまうかの結果を想定した上で、アドバイスをすることの方が多いです。



頑固な心理ゲームと同じなので、少々勉強をしていただかなくてはなりませんが。相談に見えた方には専門的立場でこちらの見解を説明してみます。



その説明を超えても もっと関わりたいという方は、ご本人の中にある別途ネガティヴな思考があるのでしょう。リスクも顧みず戦うと言うのなら、カウンセリングはそこで終わりです。



戦わずにいられないご自分と向き合うのでしたら、いくつかの展開がありますが。

戦い方を教えてくださいと言われるのでしたら、残念ですがお引き取りいただかねばなりません。

それほどに、パーソナリティに特殊なものを持っている人との付き合い方は大変なのです。



なんといっても関わらぬが善。触れぬが善。

そういった人たちに正義感をかざしても通用しません。何故自分がそういった人と関わってしまうのかを探求した方が解決が早いです。

そうなんですよ。通じない相手にその人の変なところを直してあげようとは思わぬこと。

その正義感が危ない。

交流分析がヒントになるところは、そういった部分にあります。






それではまた


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。