曇りガラスの向こう側へ

正統派のフリーランス心理カウンセラーです

カウンセリングとセラピーの違いをご存知ですか?

私自身は、カウンセリングもやりますし、セラピーも行います。あるいはヒーリングといったことも時にはやります。そのためのスキルは身につけました。

主体はカウンセリングが多いのかもしれませんが、結果的に治療的ケアはセラピーという手法で行います。

それはなぜかといいますと、精神科で培った傾聴力には自信がありますし、一方でまた、交流分析士でもあります。交流分析は人間同士の交流の仕方を学ぶ方法ですが、それを培って来ましたので、クライエントさんが何か指針が欲しいとおっしゃれば、その方の思考や行動を分析し、ちょっとしたコーチングのようなことも行います。

こうなると、読んでいる方には何が何かわからなくなりますよね、きっと。


カウンセリング療法もサイコセラピーも、どちらも心理療法なのですが、カウンセリングは心理学がルーツ、一方サイコセラピーは精神医学がルーツ。さらに加えて言えば、サイコセラピーは精神科医がもともと行なっていた治療でした。

カウンセリングでは答えをクライエントさんに出したり行動指示をすることはなく、共感や受容で受け止めて本人の行動力を引き出していきますが、セラピストは治療的解決に向けて症状を治す治療ができます。

欧米ではセラピストの医学的地位は高く、医師と同等のステイタスがあると言われています。

日本のセラピストというと、その辺りは資格の認定も様々過ぎて、なんちゃってカウンセラーやなんちゃってセラピストの人たちが圧倒的に多く、欧米と同じ同類語とはなり得ません。

机と椅子とペンさえあれば開業はできるものも多いようですが、皆さん方にはセラピーやカウンセリングをお受けになるときには、大した治療効果もないものに法外なお金を払って大きな損をしないようにお気をつけくださいねと申し上げておきますね。


人は、話を聴いてもらいながらも、実はその解答はある程度自分で持っているのです。先ずはじっくり話を聴いてくれるところを見つけてくださるように、街角カウンセラーとして願うところです。


私が精神科出身で傾聴力を身につけたカウンセリングに加えて、TFT思考場療法セラピストや交流分析士として開業したのは、傾聴もケアも交流分析もやりながら、治療的解決を目指すという方向で社会貢献をしたいからです。


カウンセリングとセラピーの違いがあなたにうまく伝わったでしょうか?




それではまた


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。